新型コロナウィルス感染症の影響による休業等で生活資金にお困りの方へ

新型コロナウィルス感染症の影響による休業等で生活資金にお困りの方へ

2020年07月06日 更新

新型コロナウィルス感染症の影響による休業や失業で生活資金にお困りの方々に向けた
緊急小口資金等の特例貸付を3月25日(水)から実施しています。

「詳しい内容はこちらのチラシをご覧ください」


〇お申込みの前に(留意事項)
〇貸付までの流れ
〇初期相談(電話)でお聞きする主な内容 ~お聴き取りに少し時間がかかります~】
〇申請時にご持参いただくもの【緊急小口資金の場合】
〇パンフレット(英語、韓国語、簡体字、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語




〇お申し込みの前に(留意事項)

◆埼玉県社会福祉協議会による貸付制度で、朝霞市社会福祉協議会はお申込み窓口です◆

・この制度は貸付であり、償還(返済)が必要です。現金給付ではありません

・生活保護受給世帯や従前から就業していない等、収入の減少がない場合は貸付の対象となりません

・現在の世帯状況、収支・負債・滞納等について聞き取りさせていただいたうえ、埼玉県社会福祉協議会の審

査により貸付となります

・朝霞市に住民票がある方が対象です。勤務先等がある場合でも、朝霞市では受付ができません

・申込者は「生計維持者」(世帯の中で一番収入がある方)です。「世帯主」とは限りません



〇貸付までの流れ

1.お電話にて初期相談。詳しい世帯状況や収支状況をお聞きします。(内容は下記を参照ください)

申請に必要な書類をお伝えし、ご来所いただく日時の予約をお取りします。

2.ご予約日時に本会へ来所していただき、必要書類を提出していただきます

3.お預かりした書類を埼玉県社会福祉協議会に送付し審査

4.審査結果通知

5.指定先口座へ送金

※状況により4と5の順が変わることがあります



〇初期相談で(電話)でお聞きする主な内容 ~お聞き取りに少し時間がかかります~

□相談者の氏名

□相談者の生年月日・年齢

□住所・電話番号・住民票の登録地

□世帯状況(氏名・続柄・年齢・勤務先・健康状況)

□減収によるお困りの状況(コロナウイルスの影響でいつから、どれくらいの減収となったか)

□現在の収入状況(一月の就労収入や年金等)

□現在の支出状況(一月の食費・光熱費・保険料・住宅費等)

□負債等の状況(一月の住宅ローン・公的資金・生活福祉資金・クレジットカード等)

※相談者の状況により他にお聞きすることもあります



〇申請時にご持参いただくもの【緊急小口資金の場合】

1.世帯全員の住民票(本籍・続柄記載のこと。マイナンバー不要)

※市役所で申請の際に今回の貸付で使用する旨を記入することにより、手数料が無料になります

2.本人確認書類

□運転免許証(写)もしくはパスポート等顔写真付き証明書(写)

※上記書類がない場合、健康保険証(写)でも可

3.収入状況が明らかになる書類

※世帯全員の収入が分かるもの

□減収前と減収後の給与明細書

□減収前と減収後の預金通帳の写し

□(フリーランスや自営業者の場合)減収前と減収後の請求書の写し

□スケジュール帳の写し等、仕事が減った証明となるもの

4.印鑑(シャチハタ不可)

5.振込口座の写し(カナ氏名、銀行名、支店名、口座番号が分かるページ、またはキャッシュカード)

※【総合支援資金】の場合は、必要書類が異なります



朝霞市社会福祉協議会
TEL:048(486)2478
FAX:048(486)2418
受付期間:月~金曜日 9時 ~ 16時

〇パンフレット