共同募金

共同募金

画像




朝霞市社会福祉協議会は、埼玉県共同募金会朝霞市支会として、赤い羽根共同募金及び地域歳末たすけあい募金の活動を推進しています。


©中央共同募金会


【歳末たすけあい支援事業】ひとり親家庭食材支援事業

歳末たすけあい配分金を活用し、ひとり親家庭への食材支援を行います。
詳しくはこちらをご確認ください。→★ひとり親家庭食材支援★

赤い羽根共同募金

「赤い羽根共同募金」運動は、10月1日から3月31日まで行われます。
この募金は、あらかじめ、県内の民間社会福祉活動を行う施設、団体等から事業資金についての要望を受付した上で配分計画を立てるため、目標額を設定しています。

■ 赤い羽根共同募金協力者・団体一覧(令和2年度)

画像

Webからも赤い羽根共同募金へ寄付できます。

【募金方法】1.スマートフォンなどで右記のQRコードを読み込みます。
            2.中央共同募金会ホームページの「赤い羽根共同募金」の入力画面がでます。
                   必要事項をご入力ください。

寄付先の地域は「埼玉県 朝霞市」を 選んで いただきますと朝霞市の募金実績となります。

共同募金の流れと使い道

画像

朝霞市における共同募金のつかいみちはこちらをご覧ください
 (赤い羽根データベース「はねっと」)

朝霞市内の募金の使い道の様子

画像

市内のサロン団体同士の交流の場「サロン活動サポート会」として活用させていただきました。
 人と人が交流する場としてサロン活動をしている団体が市内にはいくつかあります。
しかし、コロナ禍でどのように活動して良いか、今後どのように活動していけばいいか悩んでいる団体がありました。そこで、コロナ禍で活動する悩みや、今後のサロン活動についてなど、各サロン団体が意見交換を行う場を設けました。人が集まれない中、つながりをたやさない方法は何か考える機会になりました。
【ふれあい・いきいきサロン活動とは?】
人との会話や外出の機会があまりない高齢者や障害者、また子育ての悩みを聞いてほしい母親など、地域を拠点として、住民である当事者とボランティアとが協働で企画をし、内容を決め、共に運営していく楽しい仲間作りの活動です。

画像

地域福祉活動”運営費”・”事業費”助成金として活用させていただきました。
市民が自主的に地域福祉の向上及び充実を図ることを目的に結成した団体の運営・事業活動に対して、赤い羽根共同募金の配分金を活用して支援を行っています。

【助成金の活用の様子】
老人会食かぼちゃの会は、70歳以上の一人暮らしの方に昼食を作り会食会をしていましたが、コロナにより調理ができません。しかし、お弁当を配布することで、地域のつながりを絶やさない工夫をしています。

画像

ひとり親家庭等食材支援事業に活用させていただきました。

地域歳末たすけあい募金を活用し、朝霞市にお住いのひとり親家庭でコロナ禍で生活にお困りの方、生活に困っている方へ食材支援を行いました。

画像

小学校等で実施している福祉教育の車イスの購入に活用させていただきました。

福祉教育で使用している車イスの多くは、10年以上前に購入したものが多いです。修理を必要としても部品がない状況が多く、赤い羽根共同募金の配分金を活用し、3台購入しました。購入したことにより、体験時に故障等による事故なく安心・安全な福祉体験を実施できるようになりました。

募金の推進方法

・戸別募金
  町内会・自治会のご協力を得て各ご家庭にご協力をお願いしています。
・卓上募金
  市内公共機関や店舗等に募金箱の設置をしています。
・学校募金
  福祉教育を主眼におき、児童・生徒のみなさんの自発的な参加をお願いする募金です。
・街頭募金
  駅などでボランティアの協力のもと、募金及びPR活動を行います。
・法人募金
  企業・法人等にご協力をお願いする募金です。税制上の優遇措置が受けられます。
・個人募金
  個人の有志の方のご協力をお願いする募金です。
・職域募金
  寄付金付きグッズによるご協力をお願いする募金です。
  ※朝霞市総合福祉センター(はあとぴあ)3階地域福祉推進係で取り扱いをしています。
  ※数に限りがございますので、お早めにご来館ください。

画像

地域歳末たすけあい募金

「地域歳末たすけあい募金」は、新たな年を迎える時期に、支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができるよう、福祉活動を行うことを目的として実施されます。毎年、11月から12月を中心に募金活動を行います。
 ご協力をお願いいたします。

■ 地域歳末たすけあい募金協力者・団体一覧(令和2年度)

税制の優遇措置について

共同募金に対する寄付は、税制上の優遇措置の対象となっています。
個人からの2千円を超える寄付金は、所得税及び個人住民税の寄付控除の対象となります。
また、会社など法人からの寄付金は、全額損金算入できます。

■詳しくは、埼玉県共同募金会のホームページをご覧ください。

画像

画像

画像

お問い合わせ

地域福祉推進係
TEL:048(486)2485
FAX:048(486)2418

50

朝霞社協について