基本方針

基本方針

 近年、我が国は、社会情勢の変動に伴い、地域での身近な交流や支え合いの基盤が弱まりつつあります。このような中、国は、従来の公的制度では支援できない複雑化・重層化する課題に対応するため、住民相互の支え合い・助け合いにより解決する仕組みである「我が事・丸ごと地域共生社会」の実現に向けた取り組みを進めています。この取り組みは、社会福祉協議会の目的である地域住民とともに住みよいまちづくりを進めていくことと一致しています。そこで、社会福祉協議会に対しましては、「福祉のまちづくり」で培った様々な経験を生かしながら、地域の社会資源をつなぎ、住民参加型の取り組みを充実させ、地域福祉の推進において中心的な役割を果たすことが求められております。
 令和2年度は、「第3期朝霞市地域福祉活動計画」及び「朝霞市社会福祉協議会発展・強化計画」が最終年度を迎えることから、併行して次期計画の策定を行うこととなります。これまで、様々な方々と共に手を携えて活動してきたことを地域住民や福祉関係者の方々と振り返り、これまでの取り組みの成果を踏まえつつ、地域課題や住民ニーズを次期計画にどのように繋いでいくのかということを十分に検討し、地域福祉団体としての役割を果たすことができるよう努めてまいります。
 また、朝霞市の指定管理事業や業務委託では、昨今の様々な災害にも対応できるよう、朝霞市との連携を図りながら危機管理体制を整え、市民のみなさまに安全にご利用いただける運営を行うとともに、利用される方々のニーズを受け止め、社会福祉協議会の活動の主旨と連動させながら、更なる地域福祉の充実を図ってまいります。

重点項目

  1.  令和2年度は、発展・強化計画及び第3期朝霞市地域福祉活動計画に基づき、社協組織全体で以下の取り組みを重点項目として位置づけ、取り組んでまいります。

    1.社協発展・強化計画に基づく組織体制の基盤強化
    (1)組織体制の強化
    ◇専門家による財務会計に関する事務処理体制の強化
    ◇委員会機能の充実
    ◇事業評価制度の実施
    ◇第2期社協発展・強化計画の策定

    (2)人材育成と専門性の向上
    ◇職員の目標管理体制の実施
    ◇職員研修の充実

    (3)財政基盤の強化
    ◇税額控除制度を活用した寄附金の増強
    ◇社協会員の加入促進及びPR強化
    ◇赤い羽根共同募金・歳末たすけあい募金活動の実施
    ◇収益事業の調査・研究

    (4)指定管理事業の継続的確保
    ◇各指定管理事業の次期再指定に向けた内容検討

    2.第3期朝霞市地域福祉活動計画に基づく重点事業
    【プロジェクト①】支え合い・助け合いの心づくりと仕組みづくり
    ◇教職員対象の福祉教育研修会の実施
    ◇ボランティア講座の開催
    ◇ボランティア講座参加者の活動支援
    ◇福祉活動団体の周知
    ◇地域懇談会の開催
    ◇小地域福祉活動の啓発
    ◇福祉活動団体への支援

    【プロジェクト②】安全・安心に暮らせる環境づくり
    ◇災害ボランティアセンター設置訓練の実施
    ◇災害ボランティア講座の実施
    ◇住民の防犯への意識の啓発
    ◇関係機関との連携

    【プロジェクト③】市民の暮らしや活動を支える体制づくり
    ◇生活再建のための相談支援
    ◇分かりやすい福祉情報の提供
    ◇総合相談体制の構築
    ◇地区ごとのネットワークづくり
    ◇ヒアリング調査の実施

お問い合わせ

総務係
TEL:048(486)2479
FAX:048(486)2480

65

朝霞社協について